歩行者が事故に遭遇してしまった場合、打ちどころなどが悪ければ死亡してしまうケースがあります。周りに守るものが何もないため、このような現状があるわけです。だからこそ、歩行者を守らないといけないわけですが…スバルから期待したい製品が開発されました。

さすがスバル…インプレッサに搭載した歩行者保護エアバッグ


見出しに記載した通り「さすがスバル」といったところでしょうか…自動で追突を防止する安全装置を世に出したのも、スバルが最初でした。ということで、スバルが発売した新基準の安全装置が「歩行者保護エアバッグ」になります。
言葉からも察することが出来る通り、歩行者を保護するためのエアバッグになります。もし、車が歩行者を撥ねてしまった場合、ボンネットに仕込まれているエアバッグが急速に膨らみ、強い衝撃を和らげてくれるわけです。特に頭部へのダメージを軽減することができることが売りになっています。

自動安全装置のようにスタンダードな世界になる可能性が大


この歩行者保護エアバッグですが、先ほど、少し触れた追突防止機能が発表されたときと同様に、業界に大きな衝撃を与えています。間違いなく素晴らしいアイテムとなっているため、これもまた標準装備されていくことが容易に想像することができます
つまり、この装備が装着されていないと、車が売れない時代になっていくことが予想されるわけです。加えて、さらに精度の高い歩行者保護エアバッグが開発されていくことも予想され、よい循環が生まれていくわけですね。

今後も歩行者保護が目的とした安全装置が開発されていく

ということで、歩行者保護エアバッグについて触れてきましたが、今後も、様々な歩行者保護を目的とした安全装置が開発されていくことが予想されます。よりよい自動車社会を作っていくためにも、永遠のテーマとなる部分。車を利用する側、そして歩行する側にとっても期待をしていきたいところです。