2016年の年末12月…年の瀬でイベントごとが多い季節ですよね。それに比例して、どうしても事故の件数が多くなり、警察が気合いを入れる時期にもなります。ということで、ここでのテーマは、12月の交通事故事情について触れていきたいと思います。

イベントごとが多くなるため出かける機会が頻繁に


ご存知の通り、12月という時期は、とにもかくにもイベントごとが多いということは冒頭で記載した通り。イベントごとが多いということは、出かける機会が頻繁にあるということ。出かける機会が多くなれば、それだけで事故に遭遇してしまう確率が上がってしまうということになります。
これを読んでも分かる通り、12月の事故が多くなってしまう理由は、ごくごく自然なことであり必然であるということが理解できます。ここから分かることは、12月の車の運転はいつも以上、気を付けないといけないということですね。

歩行者が泥酔し車側は迷惑を被ることも多い


自動車を運転しているとき、事故を起こさないように運転をしますが、回避不能な人身事故というのも、どうしたも存在します。全く予期していないところから子供が飛び出してきたり…泥酔者が予測不能な動きをしてきたりと。
12月は忘年会シーズン…繁華街を車で走っていると、このような泥酔者が多く存在するわけです。だからこそ、車を運転していると、嫌でも泥酔者の意味不明な動きに惑わされ事故を起こしてしまうことも。つまり、12月シーズン、繁華街を車で走るのであれば、より気を付けて運転することが大切になってきます。

色々とワクワクしてしまう時期だからこそ注意を!

ここまで、少々、厳しいことも記載をしてしまいました。ともあれ、見出しにも記載した通り、12月は忘年会だったり、クリスマスだったりとワクワクしてしまう時期で、羽目をはずす状況ができやすいです。一番伝えたいことは、だからこそ、しっかりと注意をして安全運転を心がけて、よい年の瀬を過ごしましょうということです。